「離婚問題」の解決事例一覧

  • 離婚問題

    夫が突如家を出て一方的に離婚宣告。親権と面会交流が問題となった事…

    依頼者様 30代 / 女性 / 会社員

    夫が突然、家を出て「離婚」を告げ、別居期間中における子どもとの面会交流も言われるがまま応じていました。夫に強く出ることができない依頼者様。離婚するにあたり、親権や面会交流について負担・ストレスの少ない条件で交渉を進められないかと考え、当事務所に相談にお越しになられました。弁護士が代理人となり交渉を進め、ご希望にそった条件での面会交流の合意を取り付けることができました。

    松江 仁美の写真

    代表弁護士

    松江 仁美

    続きを読む
  • 離婚問題

    夫から毎日暴行を受けていた依頼者を救出し、無事に離婚を成立させた…

    依頼者様 30代 / 女性 / パート

    夫から毎日暴行を受けていた依頼者、そのお母さまを救出し、無事に離婚を成立させた事例です。無職の夫が、常時自宅にいる中で、抜け出すことが難しい状況でした。弁護士が介入し、交渉の窓口となり早期の離婚を成立させることができました。当事務所への依頼やご相談の中でも、DV・モラルハラスメントのケースは多く、解決実績があります。

    松江 仁美の写真

    代表弁護士

    松江 仁美

    続きを読む
  • 離婚問題

    借金をし生活費も入れない会社社長の夫と離婚し、婚姻費用と慰謝料も…

    依頼者様 20代 / 女性 / 会社員

    社長であった夫は、お金づかいが荒く、生活費を入れてくれませんでした。そうした生活が10年続き、依頼者も区切りとしての離婚を決意し、相談にお越しになられました。こうした状況から金銭面での条件よりも「離婚する」ことを優先して進めました。婚姻費用は月10万円、慰謝料100万円を取得し早期に離婚することができました。

    氏家 大輔の写真

    弁護士

    氏家 大輔

    続きを読む
  • 離婚問題

    離婚のため別居する中で、妻が鬱に。早期離婚のための解決金が問題と…

    依頼者様 50代 / 男性 / 自営業

    別居中の妻に対する婚姻費用が高額であり、大きな負担となっていたため早期に離婚を成立させる必要性があった事例です。離婚のため別居する中で、妻が鬱になりました。離婚調停が不成立に終わると訴訟となり、解決まで長い期間がかかるため、早期離婚のための解決金をどのていど支払うかが問題となりました。

    清水 理聖の写真

    弁護士

    清水 理聖

    続きを読む
  • 離婚問題

    一切家事をしない夫と離婚。財産分与、子の学費、年金分割が問題とな…

    依頼者様 50代 / 女性 / 主婦

    家事を手伝わないなど、性格の不一致から別居を開始され、早期に離婚が成立した事例です。婚姻期間が約20年と長く、年金分割についても問題となりました。お子さまの進学に応じて学費負担が大きくなることから、額全額の支払についても相手方から取り付けることができました。

    三好 涼子の写真

    弁護士

    三好 涼子

    続きを読む
  • 離婚問題

    専業主婦だった女性が子3人の親権を獲得。養育費や未払い婚姻費用の…

    依頼者様 50代 / 女性 / 主婦

    子どもの教育方針を巡って意見が対立するなど、性格の不一致を理由に別居され、離婚を決意されました。離婚交渉を進めるなかで、お子さまが1人夫側に戻ってしまうという状況もありましたが、最終的にお子さま3人全員の親権を獲得し、養育費や別居中に未払いとなっていた婚姻費用の支払いの約束を取り付けることができました。

    三好 涼子の写真

    弁護士

    三好 涼子

    続きを読む
  • 離婚問題

    離婚後の「養育費」支払いを拒絶する感情的な元夫に、養育費の支払い…

    依頼者様 30代 / 女性 / 会社員

    離婚後の養育費未払いについての解決事例です。離婚前に約束した養育費について、感情的になった夫が支払いを拒絶しました。そこで夫の確定申告の資料を入手し、養育費の支払いを請求しました。結果、月23万円の養育費の支払いを受けることで合意にいたり、解決することができました。

    清水 理聖の写真

    弁護士

    清水 理聖

    続きを読む
  • 離婚問題

    DV妻と別れたい。弁護士の柔軟な対応で9ヶ月で協議離婚が成立した…

    依頼者様 30代 / 男性 / 自営業

    妻からDVを理由に、別居を始められた依頼者。調停手続による離婚を目指すも、かたくなに妻が拒否したため不成立で終了。通常であれば、離婚訴訟をおこすものの、相手方もそれを望んでいない様子であったため、再度離婚協議をおこない早期に離婚成立をさせることができました。

    清水 理聖の写真

    弁護士

    清水 理聖

    続きを読む