離婚問題の解決事例

離婚問題の「代理交渉」「手続代行」により負担を大幅に軽減。
あなたが自信をもって決断できるよう全力でサポートいたします。

夫が突如家を出て一方的に離婚宣告。親権と面会交流が問題となった事例


投稿日:

更新日:

弁護士法人DREAMに相談いただいた方

原因
性格の不一致
結婚歴
10年
性別
女性
年齢
30代
職業
会社員
子ども
1人
解決方法
協議離婚
解決期間
1年

離婚の 原因・経緯

一方的な離婚を告げられ、親権などに不安を覚えご相談に。

依頼者の夫は、突如家を出て、
依頼者に一方的に離婚すると告げました。

依頼者は、控えめな性格だったため、
夫との離婚の話し合いで、
親権や面会交流の方法について、
夫に丸め込まれることに不安を感じ、
当事務所にご依頼されました。

解決のためのポイント・アドバイス

対等な立場で、離婚協議がおこなえるかどうか。

依頼者は性格的に相手方に対して強く主張が出来なかったため、
面会時間の長さや
そもそも何時に子どもとの面会に来るかもわからないような
漠然とした決め方しかできませんでした。

そのため、お子さまとの面会の方法につき、
夫の要求するがまま、
月に数回、丸一日かけての面会に応じていました。

依頼者にとり、
お子さまと夫との面会交流は
強いストレスの原因となってしまっていました。

こうした状況から、夫と対等な立場で
具体的に離婚を進められるかどうかがポイントでした。

解決までの経過

代理人として弁護士が関与することで状況が好転。

当事務所の弁護士が代理人の窓口となり、
交渉を進め、状況を一転させました。

夫に対して、
しっかりと主張すべきことは主張し、
離婚に向けての条件を提示していきました。

当事者同士では
自分の本当の気持ちを伝えることが出来ず、
相手のやりたい放題になってしまっていることがあります。

弁護士に依頼することで、
あるべき面会のルール作りを実現することが可能です。

弁護士法人DREAMが関わった結果

対等に離婚についての話し合いができない方のチカラになります。

当初、親権や面会交流の方法について、
身勝手な夫の主張ばかりが優先されていました。

弁護士が代理人になって交渉することで、
不利な状況から一転、
しっかりとルールを定め、
かつ過度の負担とならないよう、
依頼者の希望にそった面会交流の条件を取り付け
離婚を実現することが出来ました。

弁護士からのコメント

後悔のない離婚をしたい、あなたをしっかり最後までサポートします。

弁護士に依頼すると
「おおごとになる」
と思われる方も少なくなりません。

しかし、今回のケースのように、
相手方との関係性において
不利な立場にある場合には、
弁護士を代理にとして立てることは
「後悔のない離婚」をするためには有効な戦略のひとつです。

ぜひ、当事務所の「おためし無料相談」で、
一度、弁護士から具体的なアドバイスを受けられてはいかがでしょうか。
一緒になって、後悔のない離婚をするための解決策を考えます。

松江 仁美の写真

代表弁護士

松江 仁美

弁護士による無料相談

人それぞれに異なるご事情・希望に応じた解決策をアドバイス

離婚や相続に関する相手方とのトラブル解決のための「交渉代理」「手続代行」などをサポートしています。

おためし無料相談

電話オンライン対応


離婚・相続トラブルが得意な弁護士がアドバイス


  • 解決策のご提案
  • 解決までの流れ
  • セカンドオピニオン
  • 弁護士によるサポート内容
  • 不安・疑問への回答
  • 弁護士費用のお見積もり

あなたのお気持ちをお伺いしながら、インターネットでは得られない解決策を一緒になって探します。
無料相談を利用したからといって、依頼を強制するようなことも、しつこい営業もありません。
私たちのサポートを必要とする場合には全力であなたをサポートいたします。まずは、お気軽にご相談ください。