弁護士費用

着手金・手数料・費用などについてのご案内

当事務所にご相談、ご依頼いただいた場合の費用目安について解説いたします。

弁護士費用費用(税込表示)

当事務所へのご相談、ご依頼の際にかかる手数料・費用については次のとおりとなっております。事案に応じて、手数料などが前後する場合があります。事前にお見積もりさせていただくことも可能ですので、弁護士までお気軽にお問合せください。

弁護士費用の支払い方法の相談も可能です

弁護士費用のお支払い方法についてのご相談も可能です。

ご相談の際に弁護士までおたずねください。

クレジットカードの利用が可能です。

ご依頼あたり下記クレジットカードをご利用いただけます。

弁護士費用の種類

着手金 事件をご依頼される際にいただく費用です。
事件の内容に応じて金額が変わります。
結果に関係なく、途中解約でも原則返金されません
報酬金 事件終了後にいただく費用です。
事件の結果に応じて金額が変わります。
日 当 遠方への法務局への出張など、司法書士が長時間拘束される場合に必要となる費用です。
交通費などの実費は別途必要となります。
手数料方式 手数料+実費+日当など着手金、報酬金の代わりに、一定額の手数料をいただく方式です。

※公証人費用、登録免許税などは2021年6月1日現在の情報に基づいて記載しております。ご依頼時点での費用実費などにつきましては相談時にお訊ねください。

離婚に関する弁護士費用

当法人の料金体系は、税込表示となります。

法律相談料

はじめてのご相談は60分無料

※初回60分以降または2回目以降のご相談やセカンドオピニオンでのご相談の場合は、30分5,500円となります。

着手金の料金表
1.基本料金 交渉・調停 440,000円 ※有責配偶者等複雑な事案は、追加で料金を頂戴する場合がございます。
訴訟 550,000円

※「交渉・調停」をご依頼いただいたお客様から、引き続き「訴訟」をご依頼頂く場合には275,000円を追加で頂戴致します。

報酬金の料金表 ※1と2の合算額になる
1.基本料金 調停段階での終了 440,000円 ※有責配偶者等複雑な事案は、追加で料金を頂戴する場合がございます。
訴訟段階での終了 550,000円
2.経済的利益について 得られた利益の11~17.6%

離婚事件に付帯する弁護士費用

離婚事件に付帯する弁護士費用には「DV保護命令事件」「婚姻費用請求事件」「子の監護者指定事件」等がございます。
これらの事案をご依頼いただいた場合には、下記の料金表に基づく料金を頂戴しております。

DV保護命令・仮処分
単独で受任する場合 着手金 440,000円 / 報酬金 440,000円
離婚事件と一緒に受任する場合 着手金 220,000円 / 報酬金 220,000円
婚姻費用・養育費請求事件
単独で受任する場合 着手金 440,000円 /
報酬金 得られた利益の11%~17.6%
離婚事件と一緒に受任する場合 着手金 - /
報酬金 得られた利益の11%~17.6%
子の監護者指定と引渡し事件
単独で受任する場合 着手金 440,000円 / 報酬金 440,000円
離婚調停及び離婚訴訟事件と一緒に受任する場合 着手金 220,000円 / 報酬金 220,000円

※保全事件も受任する場合は別途手数料として220,000円を頂戴致します。

面会交流事件
単独で受任する場合 着手金 440,000円 / 報酬金 440,000円
離婚事件と一緒に受任する場合 着手金 220,000円 / 報酬金 220,000円

※個別の日時、場所等の面会調整は上記費用に含まれません。

その他
強制執行 110,000円
氏の変更 33,000円

相続に関する弁護士費用

当法人の料金体系は、税込表示となります。

法律相談料

はじめてのご相談は60分無料

※初回60分以降または2回目以降のご相談やセカンドオピニオンでのご相談の場合は、30分5,500円となります。

遺産分割請求・遺留分請求の料金表

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の場合 264,000円 528,000円
300万円を超え、3000万円以下の場合 5.5%+99,000円 11%+198,000円
3000万円を超え、3億円以下の場合 3.3%+759,000円 6.6%+1,518,000円
3億円を超える場合 2.2%+4,059,000円 4.4%+8,118,000円

※なお、着手金の額が高額になった場合には、着手時にその一部をお支払いいただき、事件終了時に着手金の残高を報酬金と合せてお支払いいただくこともできます。面談時にご相談ください。

遺言執行の料金表

経済的利益 手数料
300万円以下の場合 264,000円
300万円を超え、3000万円以下の場合 5.5%+99,000円
3000万円を超え、3億円以下の場合 3.3%+759,000円
3億円を超える場合 2.2%+4,059,000円

※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができます。

遺言書作成の料金表

遺産総額 手数料
300万円以下の場合 220,000円
300万円を超え、3000万円以下の場合 1.1%+187,000円
3000万円を超え、3億円以下の場合 0.33%+418,000円
3億円を超える場合 0.11%+1,078,000円

※公正証書にする場合、上記手数料に33,000円以上を加算
※但し、特に複雑または特殊な事情がある場合は別途、ご相談の上決めさせて頂きます。

その他相続に関する料金

相続に関する内容
遺言書検認 110,000円
相続放棄 110,000円

※但し、特に複雑または特殊な事情がある場合は別途、ご相談の上決めさせて頂きます。

その他 付帯する弁護士費用

「交通費」「宿泊費」等の実費や「出張日当」(遠方の場合)は下記の料金表に基づく料金を頂戴しております。

謄本取り寄せ・通信・交通費・宿泊費など
実費精算とさせていただいております。
(その都度、請求させていただく場合と、預り金の中から受領する場合がございます)
出張日当
半日(往復2時間を超え4時間まで) 33,000円
1日(往復4時間を超える場合) 55,000円

おためし無料相談

電話オンライン対応


離婚問題を得意とする弁護士が無料でアドバイス


  • 離婚できるかどうか
  • 親権が獲得できるか
  • 慰謝料の見込み
  • 財産分与・養育費などの試算
  • 住宅ローン、年金分割の対応
  • 解決策と見通しについて

あなたのお気持ちをお伺いしながら、インターネットでは得られない解決策を一緒になって探します。
無料相談を利用したからといって、依頼を強制するようなことも、しつこい営業もありません。
私たちのサポートを必要とする場合には全力であなたをサポートいたします。まずは、お気軽にご相談ください。