自分が家を出て別居後、自分名義のマンションに住み続けていた内縁の夫を退去させた事例

自分が家を出て別居後、自分名義のマンションに住み続けていた内縁の夫を退去させた事例

性別:女性
年齢:30代
職業:会社員
結婚歴:約5年
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

内縁の夫と自身名義のマンションで暮らしていたが、夫からたびたび暴言を受けるなどして夫婦仲が悪くなり、そのマンションを離れて別居した。その後内縁の夫はマンションに住み続け、依頼者は出て行ってほしいと思っている。

結果

  • 居室の無条件明渡

解決期間

2週間

解決ポイント

  • 当該マンションから速やかに退去し、私物を撤去するよう、内容証明郵便でもって通知した。相手はあっさりと応じ、1,2週間ほどで居室にある私物を全て撤去し、おとなしく退去した。

弁護士からのアドバイス

内縁を解消した後に、住居や財産で揉めることはよくあります。内縁は事実上の婚姻ですので、通常の離婚とは違い、法的な手続きによらなくとも、一方が解消の意思を有して別居すれば当然に内縁関係は解消されます。そして、内縁と言えど実質的には夫婦共同生活を行ってきたわけですから、内縁生活中に築いた財産があれば「共有財産」として財産分与の対象となり、双方にしかるべく分与されることが必要となりますが、内縁関係が始まる前に有していた財産は、夫婦生活とは関係なく損座していた財産ですので、「特有財産」として分与の対象外となります。その辺りの理屈は通常の離婚と同じです。今回の場合、マンションの居室は元々依頼者が所有していたものなので、特有財産であり、相手に分与すべきものではないので、内縁関係が別居によって解消した以上、ただちに依頼者に明け渡して返還する必要があったわけです。