DV・モラハラを立証し、慰謝料を取った上で離婚を成立させた事例

DV・モラハラを立証し、慰謝料を取った上で離婚を成立させた事例

性別:女性
年齢:30代
職業:無職
結婚歴:約1年
子供:1人

目次

事案内容

事案の概要

ご相談者様(以下Aさん)は、会社員の夫との間に3歳の娘がいますが、もともと夫が職場の上司だったせいもあり、家庭でも常に命令口調で話される、怒鳴られるなどのモラルハラスメントに当たる行為や、実際に手をあげられるということが続き、実家に避難して別居し、相談にきました。

結果

  • 離婚が成立しました(訴訟)。
  • 慰謝料として200万円を得ることができました。

解決期間

約1ヶ月

解決ポイント

  • DV事被害の証明

弁護士からのアドバイス

婚姻費用と、離婚の申し立てを同時に行い、婚姻費用を確保した上で、離婚については、調停では不調となり、訴訟を起こしました。訴訟ではDVがあったかどうかが争われましたが、夫の方が大声を出したり、物を壊したりすることで、彼女との口論において優位に立とうとしたという意味の事を発言してしまったことから、当方の言い分が認められて勝訴しました。慰謝料も、不貞行為でもないし、結婚期間も短かった割には200万円が命じられ、満足のいくものでした。

今回の勝因は、夫の側が、直接相手の身体に手を出す暴力以外はDVではないと油断していたため、法廷で当方に有利な証言をさせる事ができたことにありました。DVの立証はまさにドメスティックであるが故に困難なことが多いのですが、地道な事実を積み上げて裁判官を説得できた事案でした。