里帰り出産から帰ると夫が不在。離婚調停から訴訟に発展した事例

里帰り出産から帰ると夫が不在。離婚調停から訴訟に発展した事例

性別:女性
年齢:20代
職業:パート
結婚歴:約5年
子供:1人

目次

事案内容

事案の概要

ご相談者様(Kさん)は出産の為里帰りしており、そこから帰ってくると生まれたばかりの赤ちゃんがいるにもかかわらず、夫が家を出てどこかに行ってしまっていることが発覚。夫からは根も葉もない言い分が繰り返され、相手から離婚の調停が申し立てられました。Kさんは絶対に別れたくないと強い意志をもっており、調停は不調になりました。その後夫から離婚の訴訟が起こされました。

結果

  • 離婚の請求を棄却しました(一審)
  • 相手からの控訴を棄却しました(控訴審)

解決期間

約2年

解決ポイント

  • 離婚請求を棄却させるための心構え

弁護士からのアドバイス

本件はいわゆる法律上の離婚事由がなく、別居も開始したばかりであったため、現時点で離婚訴訟を棄却させること自体は可能な事案でした。もっとも、明白な有責配偶者といえない本件では、今回離婚を棄却させたとしても、数年後に再度訴えを起こされれば離婚自体は実現できてしまいます。そのような事情もあるため、このようなケースでは裁判所も強く和解離婚を進めてきます。もちろん離婚しなければ婚姻費用が貰えるため(離婚した場合に貰える養育費よりも金額は大きい)、その意味でメリットはありますが、再婚できない、相手がその気になればいずれ離婚は実現できてしまう等デメリットもあります。Kさんにはこれらのメリット、デメリットを考慮頂いたうえで、どうするかじっくりと考えてもらいました。Kさんとしては、やはりとにかく今離婚はしたくない。ひとまず婚姻費用を貰いながら資格を取りたい。今の夫の行動は一時の気の迷いであり、いつか戻ってきてくれると強く信じており、離婚を棄却する方向で話を進めたいと判断されました。

離婚請求を棄却するためにはとにかく本人の強い意志が必要となります。相手は離婚を求めているので当然Kさんに対して、様々な婚姻生活破綻の主張を繰り返してきます。これを受けながらも、それでもなお、今は一時の気の迷いなのだと意思を強く保ち、最後までKさんは戦い抜き、離婚を無事棄却させることが出来ました。離婚訴訟の棄却を求める場合には、そのメリットデメリットをしっかりと把握し、そのうえで強い意志をもって裁判を最後まで戦い抜くことが必要となります。