DVに悩んでいたが子供の成人を機にご相談に。控訴審まで争った事例

DVに悩んでいたが子供の成人を機にご相談に。控訴審まで争った事例

性別:女性
年齢:50代
職業:無職
結婚歴:約25年
子供:2人

目次

事案内容

事案の概要

結婚当初より夫から暴力を受けており、子供たちが成人し独立したことをきっかけに家を出て別居を開始、離婚を求めて当事務所にご相談にいらっしゃいました。慰謝料と財産分与が争点となり、控訴審まで争いました。

結果

  • 離婚が成立しました。
  • 慰謝料として400万円を取得しました(一審では200万円)
  • 財産分与として800万円を取得しました。

解決期間

約2年

解決ポイント

  • 底地利用権と財産分与
  • 一審判決に対する控訴

弁護士からのアドバイス

本件では主に慰謝料額と財産分与が問題となりました。特に財産分与において、相手方両親の土地上に建てられた家の評価、具体的には底地の利用権を建物評価に乗せられるか、通常の賃借権であれば問題なく認められますが、本件は両親からの使用貸借であるため問題となりました。こちらとしては、出ていく場合でも家については買い取るつもりだという相手方両親の発言をもって、一定の利用価値を評価すべきであると主張しましたが、一審では認められませんでした。

控訴審では、この点を改めて強く主張したところ、裁判官から慰謝料を200万円増額することで和解するよう強い指導がされました。上記の点については現時点では判例が存在しないため、場合によっては最高裁まで争うことも考えましたが、ご相談者様としては全体の金額が増えるのであればひとまず満足であるということであったため、この条件で和解をしました。一審の内容に不満がある場合には控訴することで、改めて判決ないし和解の場を設けることができます。本件では結果として控訴により200万円の利益を得ることが出来ました。一審判決の内容が不満足な場合には控訴をご検討ください。