調停不成立後、夫から訴訟を提起されたが、反訴を提起した事例

調停不成立後、夫から訴訟を提起されたが、反訴を提起した事例

性別:女性
年齢:40代
職業:無職
結婚歴:約15年
子供:2人

目次

事案内容

事案の概要

DVを受けたとして夫から離婚を求められ、話が平行線のまま調停は不成立になり、夫から離婚の訴訟を提起され、当事務所にご相談にいらっしゃいました。こちらからも家庭を顧みない夫の言動、勝手に家を出て行ったこと等を理由に反訴を提起し争いました。

結果

  • 離婚が成立しました。
  • 親権を取得しました。
  • 養育費として月6万円の合意を得ました。
  • 子の学費(入学金・授業料)を支払ってもらう旨の合意を得ました。

解決期間

約1年半

解決ポイント

  • 離婚の反訴
  • DVと夫婦喧嘩

弁護士からのアドバイス

相手方から離婚を請求されましたが、こちらとしては離婚自体は同意するが相手方の言い分は認められないという場合には反訴という形により、こちらの言い分に基づき離婚をするよう求めるのが一般的です。本件では相手方から診断書と合わせてDVの主張がされていました。たしかに掴み合いの喧嘩になったことは何度かありましたが、あくまで夫婦喧嘩の枠を出るものではなく、判決では慰謝料は認められずに済みました。相手方が診断書を出してきたからといって必ずしも慰謝料を支払わなければならないというものではありません。診断書が作成されるにいたった事情を粘り強く説明、主張していくことが大切です。