家を出た夫とやり直したい気持ちが強く、円満の調停を起こした事例

家を出た夫とやり直したい気持ちが強く、円満の調停を起こした事例

性別:女性
年齢:30代
職業:会社員
結婚歴:約5年
子供:1人

目次

事案内容

事案の概要

夫に生活力がなく、アーティストを自称して好きなことばかりしており、ご相談者様(以下Kさん)の実家の会社で社宅扱いで住まわせてもらっていたにもかかわらず、実家に縛られている、自由になりたいと言って夫が家を出て行ったという事案でした。Kさんはまだやり直したいという意志が強く、こちらから円満調整の調停を起こしました。

結果

  • 最終的に離婚が成立しました。
  • 養育費として2万円貰う旨の合意を得ました。
  • 適切な条件での面会交流の合意をしました。

解決期間

約4年

解決ポイント

  • 夫婦関係円満調停

弁護士からのアドバイス

Kさんはまだやり直したいという意志が強く、こちらから円満調整の調停を起こしました。別居状態にあるときなどに夫婦関係をやり直したいというときに利用できる制度が夫婦関係円満調整調停となります。もっとも、これはあくまで話し合いの場を設けるにすぎないため、強制力があるものではありません。本件では、相手方はKさんが会社を辞めるなら戻ってもよいとの提案をしてきましたが、到底受けられるものではなかったため円満調整の成立はできませんでした。

Kさんは当時面会に応じていましたが、一度だけ体調不良で面会できなかったことを理由に相手方から面会交流の調停が申し立てられました。最終的にはその中で離婚に応じることとしました。円満調整の結果、夫婦関係が円満な状態に戻るケースはかなり珍しいものとなりますが、これをきっかけに話し合いを進める場を設けることができるため、不安定な状態から一歩進むことが出来ます。本件では最終的には離婚することになりましたが、人生をリスタートするきっかけとなり、離婚の際にはKさんも晴れ晴れとした顔をしていたのが印象的でした。