離婚の調停を求められたが、応じずに婚姻費用を求めた事例

離婚の調停を求められたが、応じずに婚姻費用を求めた事例

性別:女性
年齢:30代
職業:パート
結婚歴:約5年
子供:1人

目次

事案内容

事案の概要

好きな女性が出来たとして相手方から離婚の調停を申し立てられた事案でした。ご相談者様は離婚に応じるつもりはなかったため、ひとまず婚姻費用だけ貰い続けることとしました。

結果

  • 婚姻費用として月10万円の合意を得ました。

解決期間

約2ヶ月

解決ポイント

  • 有責配偶者からの離婚請求

弁護士からのアドバイス

有責配偶者からの離婚請求であったため、ご相談者様が応じたくなければ当面離婚は実現できません。もちろん籍を外して再婚したいということであれば離婚が必要となりますが、現時点ではご相談者様は婚姻費用を貰って考えたいとのことであったため、婚姻費用分担請求を申し立てし、月10万円の合意を得ました。離婚するまでの間は婚姻費用を取得することができます。弁護士に相談することをお勧めします。