DV妻と別れたい。弁護士の柔軟な対応で9ヶ月で協議離婚が成立した事例

DV妻と別れたい。弁護士の柔軟な対応で9ヶ月で協議離婚が成立した事例

性別:男性
年齢:30代
職業:自営業
結婚歴:約3年
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

妻からパソコンや携帯電話を投げつけ壊される等のDVを受けており、耐えられなくなり家を出たという事案でした。

結果

  • 協議にて離婚が成立しました。

解決期間

約9ヶ月

解決ポイント

  • 相手方が拒む中、どのようにして早期離婚を実現するかがポイントとなりました。

弁護士からのアドバイス

今回の事件では、Eさんからは、慰謝料はいらないからとにかく早く離婚したいという要望がありました。婚姻期間も短く見るべき分与対象財産もないため、その条件であれば比較的スムーズに離婚の実現が見込まれましたが、相手方が離婚をかたくなに拒み、結局調停での離婚は実現しませんでした。

このような場合通常は直ちに訴訟に移行しますが、訴訟になるとそこから数か月単位、場合によっては1年近く離婚まで時間がかかってしまいます。調停の最終段階において、訴訟まで起こされることは不本意である様子が相手方から感じ取れたため、訴訟に移行せずに調停後に交渉・協議を行って、できる限り早期に離婚することが出来ました。このように状況に応じて柔軟な対応をすることで無用な手間や時間・費用を回避し、早期離婚を実現できる場合があります。かかる判断は専門的に分野に取り組み、経験豊富な弁護士ならではのものかと思います。