離婚の種類に応じた適切な手続きをしよう

離婚の種類に応じた適切な手続きをしよう

離婚の手続きは4種類あります。種類によって、手続きの要件や成立するまでの期間が異なります。

目次

協議離婚

夫婦の話合いにより、離婚を成立させるものです。離婚届を市区町村に提出すれば、正式に離婚が成立します。
ただし、協議離婚であっても、財産分与や養育費などについて「離婚協議書」を作成することが、のちのトラブルを防ぐことになります。

協議離婚について

調停離婚

夫婦で話し合いをしても離婚に合意できない場合、相手が話し合いに応じない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、「調停離婚」を目指すことになります。
調停では、調停員と呼ばれる人が双方の話を聞き、間に立って話合いをすることになります。月に1回ぐらいのペースで複数回開かれます。当事者が合意に至った場合には、離婚が成立し、調停調書が作成されます。離婚成立後10日以内に、離婚届と調停調書をもって役場に提出すると、離婚手続きの完了です。
なお、調停でも話合いがつかなければ、審判や訴訟へ以降することになります。

調停離婚について

審判離婚

調停でも互いの同意に至らない場合、家庭裁判所の審判によって離婚をする場合を「審判離婚」と言います。
以下の「裁判離婚」よりも申立の方法や手数料に関して、簡易的な手続きの離婚方法です。

審判離婚について

裁判離婚

審判でも互いの同意に至らない場合、裁判によって離婚をする場合を「裁判離婚」と言います。裁判で離婚が認められるには、法律に定める「離婚原因」が必要になります。裁判をすれば、約1年ほどかかることが普通です。また、裁判は手続きや要件が複雑ですから、弁護士に相談することをお勧めします。

裁判離婚について