男のロマン、今でも追い求めてますか

男のロマン、今でも追い求めてますか

目次

男のロマン、今でも追い求めてますか

あなたは妻を愛していますか。仕事が終わって家に帰る事が楽しみですか。妻との会話が楽しいですか。休日妻や子と過ごす時間で心から癒されますか。妻の笑顔がすぐに心に浮かびますか。

もし、答えが否であるならば、あなたは本当に幸せですか。

男性は一応多くは仕事を持っていますから、家庭に何か問題が起きても、直ちに生活が困窮するということは余りありません。しかし、だからこそいっそう、本当に幸せな家庭生活を送っているのかということが問われるのです。

女は現実的な生き物ですから、「夢やロマン」の前にまず「今夜の夕食の心配」になります。でも、男は本来、ばかげた夢や、笑われるようなロマンにどっぷりつかることができる、愛すべき生き物なはずです。

きれいな家に住んで、妻と子を養っていても、妻とはほとんど会話したことがなく、必要な事は子供を通して伝言しあう。家に帰るのが苦痛で、会社で残業してはさらに、仲間を誘って飲み歩き、家には寝るためだけに帰る、日曜日は仕事を作るか、ゴルフで一日留守にする。こんな状況で、本当に幸せなんでしょうか。あなたが家庭に求めたロマンはなんだったんでしょうか。

自分で食べていけるのに、あえて結婚したからには、結婚生活に何らかの夢やロマンを求めたのではないのですか。人生は楽しいんです。楽しくないなら、原因は何ですか。もし、夫婦の関係に問題があるのなら、あきらめないで、本当に夢とロマンをはぐくめる家庭をもう一度探してみませんか。