愛する子供のためにできること

愛する子供のためにできること

愛する子供のためにできること

離婚に直面したとき、たいていの男性側に重くのしかかるのは、子供と別れて暮らさなければならないという問題です。多くの場合は(特に子供が小さいと)、女性側が子供を引き取って養育することになるので、男性側は妻と別れるごたごたのほかに、愛する子供とも別れて暮らさなければならないという悲劇に直面することになります。制度的には、別れて暮らす子供と父親の絆を維持し、将来的にも父子関係をきちんと構築するために面接交渉の制度が認められていますが、現実には必ずしも充分機能しているとは言い難い状況です。その原因はいくつかありますが、一番大きいのは、女性の精神的自立が不十分であるということです。

精神的に女性が自立していないと、他者と自者の分化ができませんので、とくに血を分けた我が子に関しては自分と一体のものという発想が強く働き、自分が嫌になって別れる相手になぜ、自分と一体である(と思っている)我が子を面接させねばならないのか、とんでも無い。と言う話になるわけです。

ひどい話になると、「お父さんは死んだ」と教え込んでしまう事案などもあります。こうなってくると、子供にとって、自分のルーツを確立していくのは子供自身の大切な権利であるのに、それを子供は害されてしまうわけですから、救いがたい状況になります。こういう事態を避けるにはどうすればよいのか、それは、一番手っ取り早いのは、精神的に自立している女性をパートナーに選ぶことですが、そうでなければ結婚後、常日頃から、女性の自立を阻害しないように気をつけることです。

「お前に言ったってわからない」「俺にまかせておけ」と言うような発言を決してせず、パートナーとして尊重し、ともに話し合って結論を出す訓練を日頃から続けること。子育てに於いても、積極的にかかわり、女性が「私だけの子」「私だけが育てている子」という意識におぼれないように気をつけることです。そうして、不幸にして、ともに暮らせなくなった場合には、子供との面接を積極的に行い、離れて暮らしても、大切に思っている父親がいることを知らせていくことです。

別れた女性にも、自分の愛する子供を育ててくれているという事に対する感謝の気持ちを忘れないで接することが大切です。その気持ちは必ず子供にも伝わるからです。面接は自分の満足の為ではなく、子供の幸せの為にあることを忘れないようにしましょう。