【子の引渡し請求】子どもを取り返したい

【子の引渡し請求】子どもを取り返したい

夫婦間の親権争いではどうしても決着がつかない場合や、どちらかの親が力づくで幼い子供を奪い去っていくことも少なくありません。
こういった場合に、どのように子供を取り戻すことができるでしょうか。詳しくみていきましょう。

目次

親権者が子供の引き渡しを求める方法

離婚後に、親権者でない側の親が子供を連れ去ってしまったような場合には、「子の監護に関する処分(子の引渡し)」として、家庭裁判所に子の引渡しを求める調停または審判を申立てることになります。
また、子供に差し迫った危険があり、現在の状態を放置していたのでは調停・審判による紛争の解決を図ることが困難になる時は、審判の申立てに加え、「審判前の保全処分(子の引渡し仮処分)」の申立てをします。

ただし、子供を連れ去った行為自体が非難されるべきことであっても、子供が連れ去られた先の親との生活がそれで安定してしまえば、逆に子供の福祉に反しないとして、連れ去った側に監護権や親権が認められる恐れがあります。
したがって、子供を取り戻したいのであれば、悠長にしていてはいけません。なるべく早く行動した方が良いといえます。

なお、子の引渡しをめぐる紛争については、経験のある弁護士に依頼しなければ、適切なアドバイスが受けられないこともありますので注意が必要です。

最終手段の「人身保護請求」

人身保護請求による子の引渡し請求は、人身保護法を根拠とする民事訴訟手続きで、子供が虐待されているなど、養育環境に深刻な問題があり、子供を保護すべき緊急性がある場合に適用される手続きです。
なお、この申立ては弁護士に依頼しなければできないことになっています。

子供の引渡しに関する争いは、当事者同士も感情が高ぶっているケースが多い一方、子供のことを考えれば非常に繊細な問題です。
子供を連れ戻すことをあきらめる必要はありません。経験豊富な弁護士法人DREAMにお早めにご相談ください!