離婚が認められる『原因』はコレ

離婚が認められる『原因』はコレ

このようなご相談をいただくことがあります。

  • 私は離婚できますか?
  • 相手が裁判してきたら、離婚に応じないといけませんか?

離婚は、お互いが話し合いで同意すれば裁判手続きをする必要はありませんが、相手が同意してくれない時には、裁判手続きで離婚をすることになります。裁判をした時に、離婚が認められるために必要な原因を「離婚原因」といい、民法770条に以下のように定められています。

1.浮気・不倫

基本的に、自由な意思で、配偶者でない者と肉体関係をもつことをいいます。

2.悪意の遺棄

配偶者が正当な理由なく家を出て行った、同居を拒む、生活の保障をしてくれない、といった場合がこれにあたります。

3年以上の生死不明

3年以上、配偶者が生きているのか死んでいるのか確認できない状態が続いていることをいいます。

配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

夫婦の一方が、夫婦のお互いの協力義務を十分に果たせないほどの精神障害を有する場合を言います。

その他婚姻を継続し難い重大な事由

典型的な事由としては、配偶者がギャンブル中毒である、暴力を振るう、などがこれにあたります(それぞれ、程度の問題はあります)。「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたるかどうかは、そのケースバイケースで判断されます。