【親権等】離婚と子どもにまつわる不安を払拭

【親権等】離婚と子どもにまつわる不安を払拭

離婚するにあたって、もっとも心配なのは子供の問題です。
未成年の子供がいる場合には、親権、監護権、養育費、面接交渉など、決めなければならないことがたくさんあります。
子供の将来に関わることですから、きちんと理解して、後々揉め事にならないように取り決めをしましょう。

目次

親権 〜収入が少なくても親権者になれる?〜

親権とは、法律上どのような権利を言うのでしょうか。また、どのように親権者は決まるのでしょうか。

詳しくはこちらから

監護権 〜親権とどう違う?〜

親権とは別に、監護権という言葉を聞くことがあると思います。
監護権は親権の一部ですが、親権者と監護権者が別々に指定されることもあり、監護権を取れば、親権がなくとも一緒に暮らせることになります。

詳しくはこちらから

面会交流権 〜離婚しても子供に会う方法〜

夫婦は離婚してしまえばそれまでですが、子供にとって親は死ぬまで(ある意味死んでも)父であり、母であるという事実は変わりません。
また、離婚をしても、親権者にならなかった(子供と一緒に暮らせなくなった)片方の親は、離婚後も自分の子供には会いたいと思うのが自然でしょう。
離婚して、親権を得られなくても子供に会う方法が「面会交流権」です。

詳しくはこちらから

養育費 〜これだけはきちんと払わせたい〜

夫婦は離婚すれば他人同士になりますが、親子関係は二人が離婚をしても変わりません。親と子が別れて暮らすことになっても、親の子供に対する養育義務は残ります。
子供の幸せのためにも、養育費だけはきちんと支払ってもらいたいものですよね。
では、養育費とはどのように決めるのか、詳しく見ていきましょう。

詳しくはこちらから

子の引渡し請求 〜連れ去られた子を取り戻せるか?〜

夫婦間の親権争いではどうしても決着がつかない場合や、どちらかの親が力づくで幼い子供を奪い去っていくことも少なくありません。
こういった場合に、どのようして子供を取り戻すことができるでしょうか。

詳しくはこちらから