亡くなった夫が他人名義で作成・管理していた保険を妻が相続した事例

亡くなった夫が他人名義で作成・管理していた保険を妻が相続した事例

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト
結婚歴:既に夫が亡くなっている
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

保険会社に勤めていた夫が死亡し、その遺産整理をしていく中で、夫が自身の兄の契約名義で約10口ほどの保険を作っていたことが判明した。その保険は、当然名義人本人はその保険の存在は知らず、また依頼者妻はその保険を解約し、解約返戻金(総額約1000万円)を相続財産として整理したいと考えた。

結果

  • 10口の保険のうち、7口は解約して解約返戻金(約700万円)を依頼者が受領し、残り3口の保険は夫の兄がそのまま管理することとなった。

解決期間

2ヶ月

解決ポイント

夫の兄には保険の詳細含め全て事情を説明し、当該保険は、名義は他人であるが実質的には依頼者の夫が保険料を支払い管理していたのであるから、実質的には夫の財産、つまり遺産であることを主張し、解約手続きに協力していただくようお願いし、その謝礼代わりとして幾ばくの金銭を支払うことを提案した。

結果、上記の通り、謝礼代わりとして、300万円相当の保険を相手方に残すこととし、7口の保険については、相手方名義で解約して解約返戻金を依頼者が受領することで合意した。

弁護士からのアドバイス

他人名義で作り管理していた保険ということで、上記の通り実質的には夫の財産と言えそうですが、名義は他人なので、いざ解約するとなればその名義人によって解約しなければなりませんし、また訴訟となった場合には、夫が保険料を支払い管理していたことの証明ができなければ敗訴する可能性もありました。そこで、相手側にいくばくの金銭ないし利益を与える方向で協議し、解決することができました。このように訴訟となった場合に、立証の観点から敗訴する可能性が高い場合には、多少譲歩して協議でまとめしまった方が良い場合もあります。