既婚男性と不貞行為をし、相手の妻から慰謝料500万円を請求された事例

既婚男性と不貞行為をし、相手の妻から慰謝料500万円を請求された事例

性別:女性
年齢:20代
職業:会社員
結婚歴:なし
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

既婚男性と男女の関係となってしまい、それが相手男性の妻に発覚してしまい、妻側から慰謝料500万円を請求される訴訟を提起された。

結果

  • 依頼者から相手男性の妻へ慰謝料100万円を、月5万円ずつ20回に分割して支払う内容で和解

解決期間

約6ヶ月

解決ポイント

  • 不貞行為を行ったことは事実であり、そこは争いようがなかったので、早々に適当な慰謝料額を支払う方向で和解の協議がなされた。

弁護士からのアドバイス

不貞行為自体は争いがなく、また不法行為の成立を否定させるだけの有力な反論材料もなかったので、判決になれば幾ばくかの慰謝料支払いが命じられる、つまり敗訴することが確実な事案でした。そのような場合は、早々に和解の協議を始め、適切な慰謝料額でもって和解してしまう方が良い場合が多いです。相手側も、延々と訴訟を続けるよりかは早期に慰謝料を支払ってもらえる方を選ぶ、あるいは途中からそのような気持ちになる人も多いので、粘り強く和解交渉を続けていくことが大事です。本件も、交渉の結果、100万円を20回払いで支払うという、依頼者にとって負担の無い額と支払方法で和解することが出来ました。