既婚男性と不貞行為をし、相手の妻に発覚して慰謝料を請求された事例

既婚男性と不貞行為をし、相手の妻に発覚して慰謝料を請求された事例

性別:女性
年齢:20代
職業:会社員
結婚歴:なし
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

既婚男性と男女の関係となってしまい、それが相手男性の妻に発覚してしまって慰謝料300万円を請求された。

結果

  • 慰謝料300万円の支払

解決期間

約2週間

解決ポイント

  • 依頼者は、相手方の請求する額を支払う意向であったが、せっかく払ってもまた問題を蒸し返されて再度請求されてしまうのではというおそれがあった。そこで、相手方と合意書を取り交わし、清算条項、つまり、両者とも何らの債権債務のないことを相互に確認し、名目の如何を問わず金銭その他の要求をしない、という内容の条項を盛り込んだ。

弁護士からのアドバイス

今回の依頼者は、いわば相手方の言い値の慰謝料を支払うわけですので、一見特にすることは無いように思われますが、上記のように二度と問題が蒸し返されないようにしなければなりません。不貞行為の慰謝料に限らず、民事の法律問題で相手方と合意ないし和解するときは、上記のような清算条項を加えることが一般的です。ですので、相手と争いなく合意する場合でも、この清算条項だけは忘れなく盛り込むことが大事です。