別居中の既婚男性と不貞行為をし、相手の妻に発覚して慰謝料を請求された事例

別居中の既婚男性と不貞行為をし、相手の妻に発覚して慰謝料を請求された事例

性別:女性
年齢:30代
職業:会社員
結婚歴:なし
子供:なし

目次

事案内容

事案の概要

既婚男性と男女の関係となってしまい、それが相手男性の妻に発覚してしまい、妻側から慰謝料300万円を請求される訴訟を提起された。

結果

  • 相手が訴訟を取り下げて終了

解決期間

約6ヶ月

解決ポイント

  • 相手男性とその妻は、依頼者と男性が男女関係となる2年前に別居した。かかる事実を踏まえ、「すでに婚姻関係が破たんした後の不貞行為だから違法性は無い」と主張した。相手側も、別居前に依頼者が不貞行為していたという事実までは主張立証できない様子で、また相手男性と調停離婚が成立し、そこで金銭的な解決が得られたこともあって、依頼者に対する訴訟は取り下げられた。

弁護士からのアドバイス

既婚者との不貞行為は、基本的には不法行為として慰謝料原因となります。それはその不貞行為によって婚姻関係が破たんするからです。ということは、不貞行為以前に婚姻関係が別の原因で破たんしていた場合には、不貞が原因で婚姻関係が破たんしたわけではないので、不法行為とはなりません。 その立証はかなり難しいですが、今回は相手男性がかなり前に別居していた事実があり、それを妻側も争わなかったので、そのような主張を維持できました。