TOPへ

無料相談、土日祝日も相談可能!お気軽にご相談ください。03-3525-8010
弁護士法人淡路町ドリーム

離婚の種類

離婚の種類

離婚までの流れ

一言に離婚事件と言っても、問題となる段階や、付随する問題でずいぶん様相は変わってきます。ここでは、典型的な離婚問題の争われるステージや、よく派生してくる関連問題をざっと眺めておきます。

画像クリックすると拡大します。

1、協議の実施

画像クリックすると拡大します。

離婚の第一歩はまず話し合いです。多くの夫婦はここで離婚という結論に達しています。ここでは大切なのは、離婚に伴う諸条件、親権、養育費、財産分与、慰謝料などをきちんと当事者で合意しておくことです。

協議離婚について

2、調停の実施

画像クリックすると拡大します。

当事者間で話し合いが付かなければ、家庭裁判所に夫婦関係調整の調停を申し立てて、ここで調停委員会の指導を得ながら、お互いに折り合える点を見つけている作業が必要となります。調停委員会は裁判官を含む3人の合議体です。折り合える点にたどり着いたときには、その条件等についてもきちんと調停条項に定めてくれます。調停条項は判決と同じ重みがあり、強制執行も可能です。

調停離婚について

3、審判の実施

画像クリックすると拡大します。

審判離婚とは、調停で合意に達しなかった場合に、家庭裁判所の審判により離婚を成立させる手続です。審判では、離婚の成否の判断のほか、親権者の決定、慰謝料や養育費の金額などを決定することができます。

審判離婚について

4、裁判の実施

画像クリックすると拡大します。

離婚訴訟はいきなりはできません。上記の調停が成立しなかったことが条件です(調停前置主義)。仮にも一度は生涯のパートナーに選んだもの同士のトラブルですから、法は一度は話し合ってくることを義務づけているのです。離婚訴訟は、「離婚を認めてくれ」という命題に対して、是か非かの判断を下す場です。離婚原因があるのか、あったとしても、離婚について有責な配偶者からの請求ではないかなど、法律的な争点が争われます。また親権者、養育費、財産分与など、付帯的な諸条件も審理することができます。ただ、注意すべきは、離婚が認められなかったからといって「仲良く暮らせ」という判決になるわけではありません。単に「離婚請求を棄却する」と言う判決が言い渡されるにすぎません。その意味ではトラブルは終わらないといえます。

裁判離婚について

5、離婚後の手続き

「離婚協議書を作成し、離婚届を出せば離婚は全て完了」と考えられる方は多いですが、実はその後の手続きの方が煩雑であり、転居届けや健康保険の変更といったようにより生活に密着した事柄に関する手続きをする必要があります。

離婚成立後の主な手続きをまとめております。

03-3525-8010

無料相談実施中!

平日8:00~21:00、土日祝9:00~18:00

初回相談料無料! お気軽にご相談ください。

無料相談実施中

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

創業平成9年 離婚・相続問題/不動産・建築問題などの法律問題でお悩みなら弁護士法人 淡路町ドリーム

© Copyright 2016 弁護士法人 淡路町ドリーム All Rights Reserved.