TOPへ

無料相談、土日祝日も相談可能!お気軽にご相談ください。03-3525-8010
弁護士法人淡路町ドリーム

離婚の慰謝料って必ず男性が払うもの?(離婚・慰謝料)

Q妻の浮気が原因で、離婚したいと思っています。離婚というと男性から女性にお金を渡すイメージがあり、妻からも別れるなら慰謝料を払えと言われています。ちなみに私は会社員で年収は500万円くらい、妻はパートで年収200万円ほどです。私は慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?
A慰謝料は男性が必ず払わなければいけないものではありません。

慰謝料は、婚姻関係の破綻する(壊れる)原因を作った有責配偶者(悪い方が他方の配偶者に支払うことになります。今回ではむしろ不貞を行った妻のほうから慰謝料をとることができます! しかし、慰謝料以外の理由で、妻にお金を支払わなければいけない可能性はあります。離婚をする場合、夫婦が婚姻中に形成した財産を分け合わなければいけないこととなっています。これを財産分与といいますが、たとえば婚姻後に夫が形成した夫名義の預金がある場合などにはその半分を妻に渡さなければいけません。逆に妻名義の預金がある場合にはこれも分けることとなります。要するに財産を全部まとめて等分するものと考えていただけばよいと思います。

そのほかにも、離婚するまでの間別居している場合であれば、婚姻費用というものを負担しなければなりません。これも必ずしも男性が支払わなければならないものではありません。妻のほうが夫より稼いでいるようなケースであれば、妻が夫に支払うことになります。今回のケースでいえば、夫の年収が500万円、妻が200万円ですので、夫から妻に婚姻費用を支払うことになります。子供の数など様々な事情で金額は変わりますが、子供がいないとすれば、別居後離婚するまで月7万円ほどの支払い義務があることとなります。

0120-949-404

無料相談実施中!

平日8:00~21:00、土日祝9:00~18:00

初回相談料無料! お気軽にご相談ください。

無料相談実施中

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

創業平成9年 離婚・相続問題/不動産・建築問題などの法律問題でお悩みなら弁護士法人DREAM

© 2018 弁護士法人DREAM(旧 淡路町ドリーム)