TOPへ

無料相談、土日祝日も相談可能!お気軽にご相談ください。03-3525-8010
弁護士法人淡路町ドリーム

男性のための離婚

男性のための離婚

離婚を考えている男性の皆様へ

離婚したいあなたは、結婚したからとあきらめていませんか?本当の自分を取り戻すために

一昔前までは、女は一度嫁いだら、よっぽどの事が無ければ離婚するということはできず、我慢せよとか、辛抱せよとか言われるのが関の山でした。しかし、最近は女性の方が見極めが早くなり、男性の方が、いろいろなしがらみから、結婚したのだから仕方ないとあきらめている場合が多いように思います。

たしかに、世間体は大切でしょうし、生活上の不便もあるのでしょうが、短い人生、自分に嘘をついてまで我慢することって、本当にあるのでしょうか。

35歳男性の離婚事案でしたが、彼は、私に離婚したい理由を尋ねられて、一言、こういいました「俺、こないだ、女房の寝顔見ながらしみじみ考えたんですが、やっぱ愛してないっす。」

彼は、奥さんとは長いこと家庭内離婚のような状態でしたが、特にほかに心を移した女性がいるわけでもありませんでした。でも、これ以上、愛してもいない女性と一緒にいることに苦痛を感じ、仕事場に寝泊まりしたりして、帰らない日々が続いていました。もちろん、奥さんからは不貞を疑われ(そりゃあそうでしょう、週に1,2回、子供と遊ぶためにしか帰らないのですから)、さらに夫婦仲は冷え切っていました。

離婚したい方に私が提案したのは一つだけ。「とにかく、死にものぐるいでお金を払いなさい。」

相手が不貞を疑うなら、それを償って余りある提案をすればいいのです。もちろん、長い時間をかけていけば、それほどお金をかけずにできることかもしれません。しかし、人生は短いのです。相手があることですから、どう出るかはわかりませんが、少なくても、今の自分たち夫婦のあり方にNOを叫ぶということは必要なのではないでしょうか。

お金はまた稼げます。特に彼の場合には、奥さんとうまくいっていないことが、彼の仕事への意欲を減殺していました。また、事務所に泊まり込むような生活が彼の精神も肉体もむしばみ始めていました。時をお金で買うと思えば、損はないはずです。

結局、彼は、とにかく別居をして離婚を宣言し、妻と子が住んでいる家屋のローン代金相当額を養育費に上乗せして支払うことを約束し、さらに、3年間養育費と婚姻費用の差額を解決金として支払う事を約束し(離婚すれば、婚姻費用は養育費に変わりますので、当然額は減るわけです)、ようやく奥さんの納得を得て離婚が成立しました。今は新しい伴侶を得て、幸せに暮らしています。もちろん、支払いは大変ですが、がんばっています。

考え方は人それぞれだと思いますが、お金は稼げますが、時は取り返せません。自分らしい本当の人生を生きたいなら、時間は限られているという事です。

03-3525-8010

無料相談実施中!

平日8:00~21:00、土日祝9:00~18:00

初回相談料無料! お気軽にご相談ください。

無料相談実施中

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

創業平成9年 離婚・相続問題/不動産・建築問題などの法律問題でお悩みなら弁護士法人 淡路町ドリーム

© Copyright 2016 弁護士法人 淡路町ドリーム All Rights Reserved.